最新ニュース

★メルマガ・8月号予告★農薬のちょっと深くていい話 第97号/2024年8月1日配信分  /  ★国の病害虫発生予報第4号★ 令和6年7月11日発表  /  ★速報★農薬登録・適用拡大

農薬の深イイ話

2022.09.07

適用表の中の使用回数

家庭菜園愛好家から農薬の適用表をみて「使用回数とは何ですか?一日の散布回数?ハンドスプレーに入っている薬剤ならばハンドルを押す回数ですか?」という質問がありました。
果樹などの永年性作物を含めて一年のうちの生育シーズンに散布できる回数の合計であることを説明はしましたが、農薬使用初心者であれば抱く疑問かもしれません。
作物残留基準を超えないためには使用回数は重要な基準です。
また、同じ薬剤、同じ作用機構の薬剤を何度も多数回使用すると、病原菌の薬剤耐性や、害虫や雑草の薬剤抵抗性の発達を促します。薬剤耐性菌、抵抗性は使用開始数年で発生する場合もあれば長期間の使用でも発生しない場合もありますが、耐性菌、抵抗性回避のためにも使用回数の制限は守るべきでしょう。
薬剤のラベルに系統名が分かるように色分けなどがしてあります。ローテーション散布薬剤の選択に役立ちます。

一覧に戻る

上に戻る