最新ニュース

2月の注意報等の発表状況:内容は末尾のURLをクリックしてください。  /  農薬インデックスメルマガ 第79号 2023年2月1日配信分の内容  /  1月の注意報等の発表状況:内容は末尾のURLをクリックしてください。

植物防除ミニ情報

  1. 防除ミニ情報
  2. 業界ミニ情報
  3. 都道府県の注意報、警報、特殊報の発令状況
  4. 農薬登録情報速報
  5. 農業生産に関するミニ情報
  6. 行事・イベント案内

更新日 2023年1月30日

防除ミニ情報

  • 令和3年度農薬の使用に伴う事故及び被害の発生状況について

    農林水産省は、令和3年度の農薬の使用に伴う事故及び被害の発生状況について調査結果をとりまとめた。
    それによると、農薬の使用に伴う人に対する事故は19件、農作物や魚類の被害は13件であった。
    詳しくは下記HPをご覧下さい。
    https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/nouyaku/230113.html

  • 令和4年度病害虫発生予報第9号

    農林水産省は11月9日、令和4年度病害虫発生予報第9号を発表しました。
    ・野菜では、トマトのコナジラミ類の発生が、関東、東海及び四国の一部の地域で多くなると予想されています。
    ・果樹や茶では、翌年の病害虫防除を効率的かつ効果的に実施するため、病害虫の越冬量を低下させ、翌春の発生を抑制することが重要です。
    詳しくは下記HPをご覧下さい。
    https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/syokubo/221109.html

業界ミニ情報

  • 「世界の農薬メーカーの動向」の2022年版発行

    「世界の農薬メーカーの動向」2022年版が発行されました。
    最新の世界の会社間の関係情報を含む開発状況が年代別に掲載 され、世界に類のない最高文献として高い評価を受けています。
    著者 渋谷成美、田中俊実 
    定価45、000円 12月31日までに予約すれば35、000円
    詳しいことは発行先の「エイムス株式会社」にお問い合わせください
    エイムス株式会社 244-0815 横浜市戸塚区下倉田町1269  FAX 045-871-8030

  • 2023年版「農薬安全適正使用ガイドブック」の発刊

     全国農薬協同組合は2023年版「農薬安全適正使用ガイトブック」を発刊し 販売しています。
    詳しくは下記HPをご覧下さい。
    https://znouyaku.or.jp/guide

  • 昨年に比べ数量で98.4%、金額で100.9%
    2022農薬年度出荷実績

      農薬工業会は、2022農薬年度出荷実績を公表した。
    数量は178,1千トン(前年比98.4%)、金額は3,483億円(前年比100,9%) で数量は減少、金額ではわずかに増加した。
    分野別、種類別実績は下記の通りである。

    ※使用分野別 ()内は前年比
      数量  金額
    水稲  50,120kl(92,8) 1149億円(96,5)
    果樹   18,081.kl(103,2) 487億円(103,8)
    野菜・畑作  73,557.kl(101,2) 1258億円(102,5)
    その他  31,829t.kl(99,7) 496億円(104,7)
    分類なし   4,536t.kl(93,1) 94億円(101,4)
    合計 178,122t.kl(98,4) 3483億円(100,9)

    ※種類別 ()内は前年比
      数量  金額
    殺虫剤  54,292t.kl(98,5) 932億円(99,5)
    殺菌剤   35,840t.kl(99,6) 757億円(101,5)
    殺虫殺菌剤  15,866t.kl(89,6) 352億円(90,1)
    除草剤  67,588t.kl(100,4) 1348億円(104,7)
    分類なし   4,536t.kl(93,1) 94億円(101,4)
    合計 178,122t.kl(98,4) 3483億円(100,9)

都道府県の注意報、警報、特殊報の発令状況

農業生産に関するミニ情報

  • ももの収穫量は前年産に比べ9%増加、すももは前年産並み
    令和4年産もも、すももの結果樹面積、収穫量 及び出荷量

    もも
    ・結果樹面積(注)は9,310haで、前年産並みとなった。
     収穫量は11万6,900t、出荷量は10万8,200tで、前年産に比べそれぞれ9,600t(9%)、8,600t(9%)  増加した。
    すもも
    ・結果樹面積は2,650haで、前年産に比べ30ha(1%)減少した。
     収穫量は1万8,800t、出荷量は1万7,200tで、収穫量は前年産並み、出荷量は前年産に比べ200t(1%)  増加した。
    詳しくは下記HPをご覧下さい。
    https://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/sakumotu/sakkyou_kazyu/attach/pdf/index-20.pdf
    (1月25日農水省公表)

  • びわは12%、うめは8%減少、おうとうは23%増加
    令和4年産びわ、おうとう、うめの収穫量等

    1 びわ
    結果樹面積は905haで、前年に比べ45ha(5%)減少した。
    収穫量は2530t、出荷量は2070tで前年産に比べそれぞれ360t(12%)、310t(13%)減少した。
    2 おうとう
    結果樹面積は4230haで、前年に比べ30ha(1%)減少した。
    収穫量は1万6100t、出荷量は1万4500tで、前年産に比べそれぞれ3000t(23%)、2700t(23%)増加した。
    3 うめ
    結果樹面積は1万3500haで、前年に比べ300ha(3%)減少した。
    収穫量は9万6600t、出荷量は8万6400tで、前年産に比べそれぞれ8000t(8%)、6800t(7%)減少した。
    詳しくは下記HPをご覧下さい。
    https://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/sakumotu/sakkyou_kazyu/attach/pdf/index-19.pdf

行事・イベント案内

  • 第4回日本生物防除協議会オンラインシンポジウム

    主催 日本生物防除協議会
    日時 2023年3月3日(金) 13:30~17:00
    場所 ウェブ会場
    詳しくは下記HPをご覧下さい。
    http://www.biocontrol.jp/04symposium.html
  • 植物防疫関連学会大会

    日本農薬学会第48回大会

    日時 2023年3月8日(水)~10日(金)
    場所 東京農業大学世田谷キャンパス「100周年記念講堂」(東京都世田谷区桜丘)
    詳しくは下記HPをご覧下さい。
    日本農薬学会第48回大会の御案内 | 日本農薬学会 (pssj2.jp)
  • 日本応用動物昆虫学会第67回大会

    日時 2023年3月13日(月)~15日(水)
    場所 摂南大学枚方キャンパス(大阪府枚方市長尾峠町)
    詳しくは下記HPをご覧下さい。
    https://confit.atlas.jp/guide/event/odokon67/top
  • 日本植物病理学会大会

    日時 2023年3月27日(月)~29日(水)
    場所 東京農業大学農学部厚木キャンパス(神奈川県厚木市船子)
    詳しくは下記HPをご覧下さい。
    https://www.knt.co.jp/ec/2023/ppsj/
  • 日本雑草学会第62回大会

    日時 2023年3月24日金)~26日(日))
    場所 龍谷大学瀬田キャンパス8号館(滋賀県大津市瀬田)
    詳しくは下記HPをご覧下さい。
    https://wssj.jp/conference/

上に戻る