ミカンサビダニにも強い!

バロックフロアブルは新しいタイプの殺ダニ剤で各種ハダニに優れた効果があります。

農林水産省登録番号

バロックフロアブル

特長

ライン
1 新しいタイプの殺ダニ剤
新しいタイプの化合物で、防除が困難になっているハダニ類に対して卓効を示します。
2 各種ハダニに優れた効果
ミカンハダニ、リンゴハダニ、ナミハダニ、カンザワハダニなど各種ハダニ類に優れた殺卵・ 殺幼若虫作用を発揮します。
  3 優れた残効性
速効性に欠けますが、殺卵・殺幼若虫効果が長続きするので、ハダニの増殖を1ヶ月以上抑えます。
  4 成虫経由殺卵効果
本剤を成虫に散布すると、その成虫が産んだ卵はふ化しません。(ただし、越冬前に散布して、 越冬明けまで効果が持続することはありません)
  5 天敵・訪花性昆虫に対する影響が少ない
カブリダニ類に対して、散布直後は弱い影響がありますが、実防除での問題はありません。 ハダニアザミウマ、ハネカクシには影響ありません。また、ミツバチ、マメコバチに対する影響はありません。
適用害虫と使用方法

ライン2007年3月7日現在

作物名 適用害虫 希釈倍数 10a当り散布量 使用時期 総使用回数* 使用方法 エトキサゾールを含む
農薬の総使用回数
かんきつ
(みかんを除く)
ミカンハダニ 2,000〜3,000倍 200〜700L 収穫14日前まで 2回以内 散布 2回以内
ミカンサビダニ 2,000倍
みかん ミカンハダニ 2000 〜 3000倍 収穫前日まで
ミカンサビダニ 2000倍
りんご リンゴハダニ 2,000〜3,000倍 収穫14日前まで
ナミハダニ 2,000倍
なし ハダニ類
もも ハダニ類
モモサビダニ
収穫7 日前まで
ぶどう ハダニ類 1 回 1 回
びわ ミカンハダニ 2回以内 2回以内
すもも ハダニ類
ネクタリン
マンゴー
おうとう 収穫14日前まで 1 回 1 回
ホップ 収穫7 日前まで
いちじく 収穫前日まで
きゅうり 100〜350L
すいか 2回以内 2回以内
メロン
とうがん
なす 1 回 1 回
いちご
あずき 100〜300L 収穫7 日前まで 2回以内 2回以内
カンザワハダニ 1,000〜3,000倍 200〜400L 摘採14日前まで 1 回 1 回
花き類・
観葉植物
ハダニ類 2,000倍 100〜300L 発生初期
樹木類 200〜700L

*印は本剤及びエトキサゾールを含む農薬の総使用回数
使用上の注意 ライン
  ●使用前には必ず容器をよく振ってください。
●ボルドー液との混用は避けてください。(効果)
●ボルドー液との近接散布については下記事項を厳守してくだ
   さい。(効果)
    (ICボルドーもボルドー液と同様に扱ってください)
かんきつ
(1)本剤を散布した後にボルドー液を使用する場合、2週間以上
   の散布間隔をあけてください。
(2)ボルドー液を散布した後に本剤を使用する場合は、2ケ月以
   上あけて散布してください。
りんご
(1)本剤を散布した後にボルドー液を使用する場合、2週間以上
    散布間隔をあけてください。
(2)ボルドー液を散布した後に本剤は使用しないでください。
なし・もも・おうとう
(1)本剤を散布した後にボルドー液を使用する場合、2週間以上
   の散布間隔をあけてください。
(2)ボルドー液を散布した後に本剤は使用しないでください。但
    し、発芽期のボルドー液の散布は本剤の効果には影響しま
    せん。

(1)春期防除における水酸化第二銅製剤との混用は避けてくだ
   さい。
(2)近接散布にて、本剤を散布した後に水酸化第二銅製剤を使
    用する場合、1週間以上の散布間隔をあけてください。
  水酸化第二銅製剤を散布した後に本剤を使用する場合は2
   週間以上あけて散布してください。
  ●ぶどうに使用する場合、幼果期以降での使用は、果粉溶脱を生
   じる場合があるので注意してください。
●本剤は植物体への浸透移行性がないので、かけ残しのないよう
    葉の裏表に十分散布してください。
●ハダニ類は繁殖が早く、密度が高くなると防除が困難になるので
   発生初期に散布むらのないようにていねいに散布してください。
●本剤は殺卵、殺幼虫力は強いが、殺成虫力に欠け遅効的である
   ため、誤ってまき直しなどしないよう注意してください。
●本剤の散布は年1回とし、作用性の異なる他の薬剤との輪番で
   使用してください。(抵抗性発達回避)
●散布量は対象作物の生育段階、栽培形態及び散布方法に合わ
   せて調節してください。
●蚕に長期間毒性があるので、散布された薬剤が飛散し、
   桑に付着する恐れのある場所では使用しないでください。
●本剤は眼に対して弱い刺激性があるので、眼に入らない
   よう注意 し、眼に入った場合には直ちに水洗してくださ
    い。
●本剤は水産動物、特に甲殻類に影響を及ぼすので、養殖
   池等周辺での使用には十分注意してください。
●本剤の使用に当たっては、使用量、使用時期、使用方法などを
    誤らないように注意し、特に初めて使用する場合には、病害虫
    防除所等関係機関の指導を受けてください。
●適用作物群に属する作物またはその新品種に本剤を初めて使
    用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十
    分確認してから使用してください。なお、病害虫防除所等関係機
    関の指導を受けてください。
●密栓し、直射日光をさけ、食品と区別して冷涼な場所に保管して
   ください。

 

★使用前にはラベルをよく読んで下さい。★ラベルの記載以外には使用しないで下さい。★本剤は小児の手の届く所には置かないで下さい。

 
JAグループロゴ 協友アグリロゴ
   
コピーライト